福祉車両をリースで利用する際のメリット

福祉車両は大きく分けると、車椅子に乗ったままで乗車出来るタイプと車椅子から容易に乗せ変えられるタイプの2種類があります。


前者のタイプは電動リフトもしくはスロープがついており、介護サービスを提供する側とそれを受ける側の利用方法によって適切な方を選択します。
介護をする側からすると乗せ変えがない分乗車の度にかかる手間や時間をカット出来てスムーズに行える点が嬉しい反面、実際に乗っている人にとっては座席が高くなる事から車の揺れを感じやすく、不安を持つ方が少なくありません。

福祉車両のリースに関するサポートサイトはここです。

それに対し乗せ変えるタイプは介護する側に多少の負担がある代わりに、乗り心地は普通の車とほぼ変わりなくリラックスして移動出来ます。

All Aboutの最新情報を見つけよう。

要介護者の快適な外出に便利な福祉車両ですが、このように利用する人や状況によってどのタイプが最適かは異なり、また一般の車両よりも比較的コストが低くで押さえられるなどの理由から月々一定の金額で使用できるリースを利用する場合も多いです。

毎月のリース料金に車両本体の価格と、登録に掛かる費用やリース期間中の自賠責保険、車検時の重量税など車の利用に掛かる費用のほぼ全てが含まれているので、福祉車両を取り入れる際に必要となる資金を非常に少なく出来るのが魅力です。



特に数台の車両が業務に必要不可欠である介護施設などにとっては、現在の車両に掛かっているコストを見直す事が出来るだけでなく、リース会社を利用すれば導入に掛かる様々な手間を省略出来るので、非常にメリットが大きいです。