デジタコの義務化に関する課題

デジタコは従来のタコグラフの機能である運行記録の保管のほかに、様々な機能を持っていることから効果的に利用できる可能性を持っています。

現在の車両の位置を把握したり、通信回線で接続をすることで現在の運行状況をリアルタイムで把握することができるため様々なトラブルに迅速に対応することができるのです。最近では自動車による様々なトラブルが多発しており、これにより事件に発展している事も多いためこのようなトラブルをいち早く検知ししかるべき処置を行うためにも非常に重要なものと考えられているのです。

その一方で、デジタコには様々なプライバシーに関する情報も記録されてしまう恐れがあり、そのためにこれらの情報を全て義務化により規定してしまうことには様々な疑問がもたれていることも多くなっています。通信回線で接続されているために常に車両の状況を把握されている事は、ドライバーのプライバシーに関わる問題であり、ないでその情報を共有するのは問題がないとしても、義務化により第三者に対しての提出が求められる事は大きな問題となり得る可能性があるのです。

現在のタコグラフは義務化が行われておりその運行記録は必要に応じ警察などに提出をすることが義務付けられています。しかし現在ではデジタコで収集できる様々な情報に関しては開示の義務がなく、必要に応じて企業内で利用することができる範疇にとどまっているのです。そのため、デジタコの義務化には様々な議論が行われており、問題を含んでいる状態であることが実態です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *