デジタコ搭載の義務化について

「デジタコ」とは「デジタルタコグラフ」のことです。

タコグラフはバスやトラックに搭載されている運行記録計、デジタコはそのデジタル版です。デジタコの義務化は1962年に始まります。現在の国土交通省が片道100キロを超える路線トラックへの搭載を義務付けました。2015年にはデジタコなどの運行記録計搭載義務化がなされています。義務化の対象は車両総重量8トン以上または最大積載量5トン以上の事業用車両です。車両総重量7トン以上8トン未満、または最大積載量4トン以上5トン未満の事業用車両新規購入も対象です。

2017年には車両総重量7トン以上または最大積載量4トン以上の事業用車両にも適用範囲が広がりました。新規購入だけでなく、既存車両への搭載も義務化されました。デジタコ搭載義務化の目的は運輸業界の労働時間改善にあります。トラックドライバの長時間労働を是正することで、疲労による事故を防ぐようにします。インターネットの普及で通信販売を利用する人が増えました。

注文は手軽になりましたが、実際の商品を運ぶのはやはり「人」です。その「人」への負担が大きくなっているのが実情です。こうした状況に対する事業者の反応は様々でした。機器購入費用のみならず、運用コストも発生するので、事業者の負担が増えます。2013年以前は「経営が厳しいので導入は困難」という意見が多くありました。しかしながら、安全な輸送と従業者の労働条件改善という観点からこの施策は有用であると考えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *