デジタコの義務化範囲と使用される機器の種類

車両の運行時には、速度や距離、時間を計測して記録するためのデジタル運行記録計、略してデジタコが用いられます。

近年では、デジタコの義務化が進展し、必ず設置をしなければいけない対象も拡大しつつあります。貨物自動車運送事業輸送安全規則では対象車として、7トン以上の車両総重量があるか、または4トン以上の最大積載量がある普通自動車、8トン以上の車両総重量もしくは5トン以上の最大積載量がある事業用自動自動車を指定しています。義務化が広がる理由の一つとして、交通事故を減らすことにあります。

日本における交通事故の総件数は全体的に減少傾向にある一方で、分類別で見れば事業用トラックや社用車の事故は横ばいのままとなっています。デジタコを設置すれば、速度超過や明らかにドライバーに負荷をかける連続運転といった状況が可視化され、事業者側自身が対策を打ちやすくなるのです。デジタコの設置義務化において、アナログ式、デジタル式のどちらを利用することも法律上認められています。

アナログ式は紙に針によって軌跡を描く形式であり、デジタル式は、メモリーカード等のデジタル媒体にデータとして記録する形式です。デジタル式は、データとして保存されているため、パソコンでの集計や分析が容易にできるため、今後の主流となりつつあります。デジタル式は、さらに発展し、最近ではメモリーカードに保存するのではなく、直接車両から携帯回線などを通じ、クラウド上にあるサーバに計測データを転送する方式も出てきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *