デジタルタコグラフ装着の義務化について

デジタコの義務化ですが、理由としては、大型トラックの事故の問題が挙げられます。

これは1962年において、トラックの運行記録を記録することからアナログでトラックの運行状態を記録するところから始まりました。これはトラック事故における死亡者数が増加したため、アナログで記録を残すように1960年代では義務付けられていたのです。時代が進むと従来のアナログ方式では事故後の現場検証の際の資料としては不十分であるということから登場したのが、デジタコになり、データを数値化することでより分かりやすいデーターを警察に提出できるようになり、事故の原因の特定に役立つようになったのです。

このデジタルタコグラフ装着の義務化については、事故が起きた際の情報を分析し、再度事故が起きない様にするために装着が義務付けられていています。デジタルタコグラフの義務化はドライバーの安全を守る上でも有効に働き、運行情報を管理することができるという性質上、ドライバーの負担を軽減するために指示を出したりする際のデータとしても使用できますので、ドライバーの方に無理をさせないために導入をしている企業もあります。

しかし一方でデジタコを導入したことで起きる問題としては、ドライバーは常に監視をされている印象を受けるとともにデジタルタコグラフの種類によっては遠隔操作にて、エンジンの回転数を制御したりして強制的にエコドライブにすることも可能なためドライバーにとっては自分の運転方法が否定されているという印象も与えかねないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *