デジタコは義務化されるの?

タコグラフは、時間と速度などを記録装置のことで運送業を行っていれば運行記録として設置しなければならないものです。

一方で義務化そのものは大型トラックが中心であり、旅客運送に関しては自主的に運行記録や勤怠管理のために取り付けるといったことが中心の状況にありましたが、近年になり義務化が拡大して4トン車以上の車両に対しての取り付けが求められるようになっています。これまでは取り付けなければならなかったのはトラックだけでしたが、現在では事業用自動車にも取り付けることが求められるようになっており、トラックはもちろんバスも取り付けなければなりません。

取り付けなければならないのはタコグラフであり、法律による義務化ではデジタコである必要はありませんが、現状ではアナログ式のタコグラフを取り付けることよりもデジタコを選ぶのが一般的です。デジタコのメリットは運行データがデジタルで記録されることで、これによりアナログ式では解析が必要だったものが不要になります。

記録されるデータについてもGPS位置測位システムを用いることで、場所を記録することができますしドライブレコーダーと組み合わせることで、客観的にもすぐに運行内容を知ることが可能です。移動体通信と組み合わせることで、営業所からでも情報を見ることができるので運行状況の確認などにも活用することができます。それにアナログ式と異なり記録用紙も交換も不要ですからドライバーへの業務の負担も軽減することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *