デジタコ 義務化のその先

デジタコの義務化によって、それ以前と比べて交通事故数が減っていることは実績として確認できます。

その効果は年々緩やかになり、横ばいになってきました。新たに対象車両の範囲を拡大したことで、さらなる減少が期待できるはずです。国土交通省が運行記録計の装着を義務化した目的には次なる目標があります。それが運行管理システムや支援システムの拡充です。特にデジタコによる記録の管理は運行の状況が少ないタイムラグで確認できるものもあり、渋滞回避などへの利用も期待されています。

今後は通信機器の普及により、多くの運行管理がリアルタイムで確認できるようになり、より的確な活用が可能となります。長距離運送の場合に、配達先まで運行している状況を事業者が知りたい時に確認できます。安全のために、運行の前後で行われる健康面の確認の遠隔での利用も可能になることが期待されています。毎日行われていたものが、今後は運行中であっても可能となり、ドライバーの負担が少なくなります。

健康に不安があるまま運行するようなことが減るため、安全性を高める効果が期待できます。運行記録をビックデータとして活用することで、安全で安心な運行を推奨することも可能です。デジタコの義務化はそのロードマップの入り口であり。今後普及する次世代運行記録によって、より安全で安心な交通の仕組みを構築できます。車の不具合なども監視することができれば、運行不能などの判断がしやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *