デジタコ 義務化の目的

国土交通省は法改正によって、運行記録計の設置義務化を拡大しました。

アナログ式でも、デジタコと呼ばれるデジタル式でもどちらでも問題ありませんが、対象となるトラックを事業に使用しているなら遵守する必要があります。この制度自体は、もともと大型のトラックに対して義務化されていましたが。今回はその範囲が拡大されたことになります。デジタコはそれ自体で何かトラックを制御することはできません。基本的に加速の変化を時間ごとに記録していくもので、後からどのように走行していたかがわかります。事業者は日々の運行記録を保管する必要があり、簡単に集計できることからデジタルタイプを選ぶ人が多い状況です。

ただ記録をとるだけのシステムを取り付けなければいけない目的は何があるのでしょうか。それは安全な運転を奨励する事による事故抑制の効果の期待です。デジタコは加速を記録することができるため、走行してた速度が明確にわかるようになります。つまり事業者がドライバーの走行の良し悪しを知ることができます。

また走行距離や連続時間も把握することができるので、過重労働を抑制することも可能です。何か事故が起こった時に事業者が知らなかったとは言えなくなり、ドライバーへの管理をしっかりするようになります。義務化することでそのような管理された運行を広めることが可能です。最終的には安全な交通を維持することで事故の発生を抑制できることで全ての人にメリットがある制度です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *