メリットが大きいクラウド型デジタコ

義務化されたことでデジタコを購入する必要があります。

違反にならないようにするためには、どのようなものでも問題ありませんが、せっかく導入するならば、クラウド型がおすすめです。デジタコは車の走行履歴をデジタルで記録する測定器です。記録したデータは、そのまま分析に使ったり、表形式にして一覧にすることができます。一日の業務が終了した時に回収して、パソコンに移し替えます。時には運転手がデータを抜き出し忘れることもあります。

そんな時には、もう一度車両に行ってデータを取ってきてもらわなければいけません。クラウド型ならそんな心配は必要ありません。クラウドやデジタコは、リアルタイムでデータを取得することが可能です。つまり運転手を介さないでデータが見られます。疲れて帰ってきた運転手の負担を減らすことができます。また、リアルタイムで監視できれば渋滞回避などの指示を行うことが可能です。復路に空荷ではなく、近くの顧客から受け取ることもできます。

運行状況がわかることで、無駄な運行を減らすことができます。無駄な移動が減れば、効率の良い業務を行うことが可能です。また、クラウド型では、利用するプログラムがweb上なのでアップデートが容易にできます。それぞれのPCにインストールをしているものなら、そのものがなければ更新ができませんが、クラウドならばそのプログラムを書き換えるだけですぐに最新版を使うことが可能です。バグフィクスも頻繁に行われるので安全なソフトウエアを使うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *