クラウドを活用したデジタコの利点とは

クラウドを使ったデジタコは、運送業などで利用されているシステムになります。

従来使用していたタコグラフは、タコチャートと呼ぶ円盤系の記録用紙にグラフを書き込んでいくアナログ形式で運行管理をしていたのです。デジタコは、タコチャートと違って走行時間や走行速度・走行距離などと言った運行記録を数値データで取得してクラウドを利用して保管ができます。アナログのタコグラフに比べて後々記録を解析しやすいという利点があるのです。

デジタコは、業務として自動車を運行する業種で運行管理システムで導入が進んでおり法制化することも検討されているのです。アナログのデジタルタコフラフの機能を拡張性を活用することで、ドライブレコーダー等の外部機器との連動を実現することで、管理する車両の運行状況をより詳細な計測を可能にしたりクラウドを活用したデータ収集、リアルタイムでの運行支援が可能になります。

運転手にとっては、運転日報などを自動作成したりできることで時間管理をすることが効率化できます。運行管理者は、クラウド上の運行日報などのデータを使用して効率的に作業を進めることが可能になります。

クラウドで管理することで、GPSと連動させて運行車両をリアルタイムで把握できます。デジタコを活用すれば運転者の安全運転も向上して管理者は、適切な指導や意識改革を行うことで事故防止に役立てることができます。運行状況解析することで効率的な運行管理を実施することができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *