費用対効果で選ぶならクラウド連携型「デジタコ」

クラウド連携型のデジタコは、機器がインターネットに繋がっているため、リアルタイムな管理ができます。

インターネットに繋がっているとは言っても、社内の管理運営担当者しか見られませんので安心して下さい。クラウド連携型のデジタコは、機器にもよりますが、労務管理、燃費管理、配車実績や運転日報などの運送業の管理業務に必要な機能を揃えているものがほとんどです。しかもその管理に必要な情報がリアルタイムで社内の管理運営担当者に伝わるので、急な指示も的確に行なえます。

蓄積された情報は、インターネット上から必要な情報を一括でダウンロードできる機能も備えているので、帳票作成の助けになります。従来の製品であれば、機器からメモリーカードを抜いてそこからパソコンで管理していたことを考えると、かなり効率的な管理業務ができます。従来の製品は必要な機器を揃えるのも含めて約200、000円ほど費用がかかりましたが、クラウド連携型のデジタコは導入費用も1台約50、000円から可能です。

インターネット環境さえあれば使い始められるので、この費用の違いが出ます。クラウド連携型のデジタコはインターネットに繋がっているおかげで、常に最新の機能にアップデートされます。従来の製品と違い機能が古くなったから使えなくなるといった事や、新しく買い替える必要もありません。もちろん、国土交通省が認定している機器もあるため、助成金が交付される可能性もあります。クラウド連携型のデジタコは、管理面においても費用面においても優れていると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *