デジタコの価格と機能の関係とは何か

デジタコは、タコグラフとは異なり価格で判断すると思わぬ失敗をしてしまうことがあります。

その理由はアナログのタコグラフは単に運行記録を取得するだけのものとなっていましたが、デジタコの場合にはその他にも様々な機能が搭載されており、これはその使い方により高い効果を発揮するものが含まれているためです。その機能を十分に理解し、自らの会社の運用方法に合ったものを選ぶことが必要となります。例えば最近話題となっているのが、通信機能を持っているデジタコです。

データ通信の契約をすることで走行中でも車両の運行情報を取得することができるほか、車両に対して様々な情報を与えることができる機能を持つものも存在しています。これらは当然価格が高くなりますが、その機能と管理上のメリットは使用方法によっては価格差を上回る効果を示すことも多いのです。

現在では法律で運行記録を保管することが義務付けられていますが、今後様々な機能を持つデジタコが普及することにより新たな管理方法が提示される可能性も少なくありません。安全な運行管理を行うためにはリアルタイムの情報を積極的に取得することが非常に重要なことになると指摘されている風潮もあり、今後は様々な機能を搭載したデジタコが広く普及する可能性が高くなっています。

これに伴い様々なサービスが提供されることが予測され、このサービスの中から標準的な機能が定義され義務付けられることも予測されることから、管理方法を十分に考慮した上で最適なものを選ぶことが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *