デジタコを導入する価格の目安

運転中の走行速度や稼働状況をグラフで数値化し、把握出来るようにした計器のことをタコグラフと言います。

従来型のタコグラフがタコチャートと呼ばれる円盤上の記録用紙にグラフを書き込むようなアナログ式の物に対して、デジタコは、自動車の稼働状況などを数値データで扱うデジタル式の物のため、アナログ式の物に比べて後で解析しやすいというのが特徴です。導入することで、ドライバーの運転素行の改善や意識向上に役立つものとなるでしょう。デジタコの価格の相場はおよそ10万円台となっている場合が多いです。

しかし、そんな中でもメーカー小売価格が5万円台の物もあります。時間や距離、速度に特化したシンプルな仕様の物やエンジンをかけると自動的に起動する物など、安い物でも十分な機能が揃っている物もあります。デジタコを導入する時には、目的に合わせて決めるようにしましょう。安全な運行を徹底したり、事故の防止を意識したいならば、デジタコとドラレコが一体になっている物を選ぶと良いでしょう。

事故や急ブレーキなど、万が一の時には感知して記録してくれます。機械が苦手な方はシンプルなものが良いと考えることがあるかもしれません。そんな方には、操作パネルをタッチして使うことが出来る物が使いやすいでしょう。デジタコにはさまざまな機能がついていて、価格帯の幅も広いです。予算と相談して、目的に合わせて必要な機能が備わっている物を選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *