クラウド型のデジタコのメリットとデメリット

デジタコには様々な情報を中央のサーバーで取得することができる仕組みのものがあります。

通信回線を備えているためリアルタイムに運行情報などをサーバーで取得することができ、車両が車庫に戻っていなくてもその状況を把握することができるため、トラブルが発生した際にもリアルタイムでその状況がわかるのがメリットです。しかしこの仕組みを利用するためには中央のサーバーを購入しなければならず、中小企業が多い運送会社にとっては大きな負担となっていました。

クラウド型デジタコは中央のサーバーをサービス提供会社が用意する仕組みとなっており、利用する運送会社は毎月決まった料金を支払うだけでその仕組みを利用することができるのがポイントです。また自分で購入した場合にはそのメンテナンスを自社で行わなければならないのに対し、クラウド型ではサービス提供会社が常にサービスを提供できるよう維持管理を行うので非常に利便性に優れています。

デジタコの機能は非常に進化しており、一般的に中小の企業が多い運送会社ではそのメンテナンスを行うことが非常に難しいものです。そのため、クラウド型のデジタコは非常に使いやすく、また維持管理がしやすい仕組みとなっているため近年人気が高まっているのです。ただしクラウド型のデジタコは複数の利用者を共有している面があり、そのためにシステムトラブルが発生したときの影響が大きいのが難点です。またサービスによっては安定的に稼働することが保証されていないものもあるため、選ぶ際にはこの点に十分に注意をし選ぶことが必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *