クラウド型デジタコで徹底した運行管理

デジタコはタコグラフのデジタルデータをメモリーカードなどの媒体に記録し、そのデータを活用して運行管理に役立てています。

しかし、管理する車両が多いとデータ収集するのも大変です。さらに、全国に拠点を持つような会社であれば、一括管理しようとするだけでも一苦労です。そんな問題を解決できるのが、クラウド型デジタコだと言えます。クラウド型デジタコには、通信モジュールが搭載されている製品があります。このような製品を使用すると、車両の情報がリアルタイムで把握できるようになります。そのため、若干の速度超過や休憩時間が短いなどの状況がすぐにわかり、管理者は的確な指示をドライバーに伝えることにより、トラブルを未然に防ぐことができます。

ドライバーもメモリーカードを提出するような業務がなくなり、業務の効率化も期待できるのです。クラウドなので、インターネットに接続できる環境さえあれば利用できるところも便利です。しかも、サーバーを準備する必要もなく、運用・保守もサービス提供側の会社に任せておけば良い手軽さです。管理者の業務の低減も期待できます。

各種集計業務は、クラウド型デジタコで提供されている集計機能でまかなえることが多いです。データ出力機能も備わっているので、データの二次利用も可能です。そのようなデータを使用すれば、独自で作成している資料などの元データとして活用できます。自社内に別システムがあれば、そのデータを取り込み連携させることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *