デジタコにクラウドを導入するメリット

デジタコはこれまでのタコグラフに加えて様々な機能を導入しています。

デジタルで運行記録を取得することができるほか、カメラで周辺状況を記録したり、車両の状態を記録するなど様々な情報を取得することができるのです。これは現在義務化されている運行記録を取得するものとは異なるものですが、将来さまざまな情報を効果的に利用する観点から非常に有意義なものとなっています。

デジタコにクラウドを導入するメリットは、将来的に増えるこれらの情報を効果的に取得し、またリアルタイムで利用することができるようにするために非常に有効な方法である点です。運行記録のみの場合にはリアルタイムで取得する必要性はあまりなかったのですが、車両の状態や周囲の状況などはトラブルが発生した時など迅速に対応することができる非常に貴重な情報となり得るものです。また場合によっては、適切な対処を促すための情報を提供することもできるため、双方向の情報のやりとりを可能とする重要な役割を果たすものとなります。

運送車両の重要性は近年非常に大きくなっており、この要求に応えるためには迅速な情報のやりとりと的確な判断が求められることが少なくありません。デジタコにクラウドを導入することで、クラウドならではの効果的な機能を果たすことができるほか、デジタコの持つ様々な機能を有効に活用することができるのです。さらにクラウドによりこれらの技術の標準化を果たすこともできるため、安全で安心な輸送の促進につながると期待されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *