クラウド型デジタコの導入価格相場

デジタコと運行管理システムのクラウドサービスを併用することにより、いくつものメリットが得られます。

ドライバーは運転素行をリアルタイムで把握できるようになるため、運転素行の改善意識の向上が見込めます。ドライバーによってはエコドライブの意識が芽生えるかもしれません。管理業務でも車両の状況がリアルタイムで把握できるメリットは大きいです。紙の報告書や勤怠情報を手作業で転記する業務がなくなります。

データは電子化されサーバーに集約されるので、複数拠点間の紙やデータのやり取りもなくなります。また、ドライバーとの連絡が密になり、顧客に対して的確な配送状況を伝えることもできるのです。このように、クラウド型デジタコを導入することにより、業務の効率化や顧客満足度の向上が期待できます。そこで、一番気になるのが、導入費用になるでしょう。導入費用はデジタコ本体とクラウドサービスの利用料に大別できます。

デジタコ本体の価格相場は、1台あたり18万円程度が目安となります。しかし、各社の製品を比較してみると機能差に大きな開きがあるので、単純に価格だけで判断するのは危険です。一般的に価格が高いほど高機能となる傾向があります。運行管理システムのクラウドサービスはデジタコと連動するため、本体価格にサービス利用量が含まれている場合があります。クラウドサービスの利用料は、初期導入費は無料で月額利用料のみがかかるのが一般的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *