クラウド型のデジタコの価格相場について

クラウド型のデジタコには、リアルタイムにドライバーや車両状況の把握ができるメリットがあります。

従来型の場合はメモリーカード内に情報が保存されているので、従業員が車庫などに戻ってから状況の把握を管理者が行うのが一般的でした。道路の混雑状況などに応じて到着が遅くなることもあり、その間管理者はドライバーが戻るまで待機が必要になるなど労働時間の延長などの問題も存在していたわけです。

クラウド型のデジタコは、通信機能が備わっていることや特別なソフトウェアを会社のパソコンにインストールすることなくサーバーへのアクセスだけでリアルタイムに情報取得ができます。そのため、普段利用しているパソコンとは違ったものでもサーバーにアクセスを行えば運行管理ができるメリットもあります。複数の営業所を持つ会社などの場合も、各拠点毎に情報を取得して本社圏に運行管理情報を提供するなどが必要ですが、クラウド型のデジタコはサーバー上で情報を管理しているなどの理由からも、営業所の数が多い会社でも重宝します。

安心感が増すことや費用対効果が高いなどの魅力もありますが、クラウド型のデジタコは価格が高めになっているなどからも、車両を多く保有している会社にとって負担率は高くなりがちです。尚、クラウド型では本体価格だけでなく、月極使用料などが別途発生することや契約台数に応じて割引料金が適用されるケースがある、事前に情報を集めておくと自社に最適なデジタコシステムを導入できるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *