デジタルタコグラフを導入する効果とは

デジタルタコグラフは従来のアナログタコグラフに比べて様々な機能を持っていることが少なくありません。

単純にこれまで紙などに記録をしていた運行情報をデジタルデータの形で記録できるばかりでなく、様々な情報を残すことができるため、これを応用した仕組みを整えているのが実態です。そのため、これらの仕組みを新たな基準として義務化しようとする動きも強まっています。デジタルタコグラフで追加される中でも最も効果的と言われているのが映像情報との連携です。

近年では交通トラブルにより様々な問題が生じることが多く、トラブルが発生した際にその原因が不明確になってしまうことも少なくありません、客観的な証拠が得られない場合もあり、加害者と被害者の区別がつきにくいケースもあります。この際に映像が残っていると非常に迅速に状況を確認することができるようになるのです。

また、管理者にとってはこれまでのアナログタコグラフの記録では通行ルートや所要時間の割り出しが非常に難しい面がありましたが、デジタルタコグラフではGPSや映像との連携により通行ルートや時間等が的確に把握できます。そのため様々なトラブルが発生した際に事実を確認することができ、適切な処置を行うことができるのです。デジタルタコグラフは単純な運行記録だけではなく、その他の付帯した情報を総合的に確認することが可能な情報源となるため、より高いレベルでの安全確保と運行者の責任の徹底を行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *