ドラレコとはどういった製品なのか

ドラレコとは車の前方や後方にカメラを設置し、運転時の道路状況の映像を記録しておく機器のことをさします。

昔はタクシー業界で使われることが多かった製品ですが、事故が起こった時に過失責任はそれぞれどれくらいなのかを調べるための証拠として使ったり、あおり運転があった時にその一部始終を記録するためにも使われることが多く、一般的な乗用車にも普及しつつあります。

過去のドラレコとは車に強い衝撃があったときか、あるいは急ハンドルや急ブレーキなどの操作をした時にその前後の映像が記録されるものでしたが、現在では運転している最中のデータをすべて記録することが出来たり、高画質の画像で車のナンバープレートや運転手の顔なども記録出来るような製品が増えつつあります。

高画質で記録が出来るということは、その分鮮明な記録として証拠に使えますので、万が一事故などのトラブルに巻き込まれた時に、警察などに提出することも可能です。ドラレコとは単にいっても価格帯によって製品の品質が変わってきます。

安価なものでは数千円で購入できるものもありますが、記録できる画質が高い製品の場合はそれなりの価格がすることが多くなっています。ドラレコとは過去の常識では前方のみにつけるものでしたが、現在では前後や左右に取り付けが出来て全方向の映像を記録できる製品も発売していますから、万が一のときのために備えるのならば、そういった製品を購入するのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *