ドラレコとは万が一の時の必須アイテム

ドラレコとは「ドライブレコーダー」の略称で、自動車に設置する監視カメラの事を総称して言います。

バックミラー横に設置するフロント型、後方の窓に設置するバック型、フロント型にインカメラが内蔵されているフロント2カメ型、そしてフロント型が360度撮影可能な全方位型など、用途によって種類も豊富にあります。エンジンと連動して起動するタイプが多いのですが、エンジンを切っても独立型の電池で常時起動し、監視カメラとして車の安全を守る機能を備えたものをあります。最も低価格だと5、000円前後、映像の解像度が高く夜間走行もはっきりと映る性能の高いものは10万円近くし、一言でドラレコと言っても値段はピンキリです。

なおドラレコとは、あくまでレコーディング=記録をするものですので、事故を未然に防ぐような注意喚起の機能はありません。そのため導入したからと言って事故の件数が減る訳ではありませんが、撮影されているという緊張感がある事で、自身の安全運転への意識向上を高めてくれるはずです。またドラレコとは抑止力になるだけでなく、近年多発しているあおり運転や危険運転の被害において、被害者の身の潔白を証明できる確かな証拠となってくれる事が昨今の風潮で明らかになりました。

今まで事故を起こした当事者同士の言い分だけで状況が判断されてきましたが、ドラレコで撮影された映像があれば、嘘をついたり間違いが生じる事はなくなります。日常的に運転をする人だけでなく、年に何回かしか乗らないという人にとっても、ドラレコとは万が一を考えて購入を検討すべき必須アイテムではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *