話題のドラレコとはどんな装置なのか

最近はドラレコという言葉が良く使われるようになってきましたが、名前はよく聞くもののどんなものであるのかはよく知らないという人も少なくありません。

自動車を運転していない人には、あまり縁がない商品というイメージもありますが、タクシーなどの商用車にも取り付けられることが多くなっています。ドラレコとは、ドライブレコーダーの略です。ドラレコとは、車載カメラのことで、運転中車内の様子や前方の様子を映像と音声で録画できる機器です。フロントガラスに設置されることが一般的で、常時録画をすることもできれば、急ブレーキをかけたときなどに衝撃を完治して録画することもできます。

ドラレコとは、どのような意味合いを持つのか、導入するメリットは何なのかも知っておきたいところですがまず、交通事故が発生したときの証拠にもなりますので、事故解決が早くなることが期待できます。交通事故では被害者と加害者の意見が食い違うことも少なくありませんが、映像や音声が残っていることでより正確な判断ができるのもメリットです。

そして、ドラレコを導入することは、ドライバー自信が安全運転の意識を高めることにもつながります。カーナビのように高額な装置ではなく、安いものなら数千円程度から購入できることもあり、導入するドライバーも増えています。ただ録画や音声を録音するだけではなく、安全運転支援機能が付いたタイプもあり、こうしたタイプなら安全な走行のサポートにも役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *