ドライブレコーダー設置のメリットについて

最近では、自家用車に手軽にドライブレコーダーを設置できるようになりました。

ドライブレコーダーを取り付けることのメリットとして考えられることは一体何でしょうか。最も大きなメリットは、交通事故が発生した際に状況証拠に用いることができるという点です。対人事故や車同士の事故、自転車やバイクとの事故など交通事故の種類は多岐にわたります。

それぞれの事故に共通していえるのが、第三者の目撃情報がない場合でも、ドライブレコーダーにより客観的に映像として事故の事実が記録されていれば、過失割合で不当に不利になる状況を防ぐことができるということです。特に、歩行者や自転車の飛び出しの場合には、車の運転手が不利になる可能性が高く、そうした事故でも客観的に映像として事故の状況を記録でき、過剰な過失責任を負うことを防止するためにもドライブレコーダーが役に立ちます。

また、駐車時の車への故意による落書きや傷をつける不法行為者に対する損害賠償の証拠としても活用できます。車の傷は、板金塗装などで多額の修理費用がかかります。泣き寝入りせずに、警察にレコーダーの記録とともに届け出を出し、犯人に対し賠償責任を負わせることができるためにも、レコーダーの設置が重要となります。また、車内にドライブレコーダーが設置されているということが分かれば、不法行為に及ぶ者への抑止力にもつながり、そもそも不法行為を未然に防ぐという効果も期待できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *