車の前後を撮影出来るドライブレコーダー

ドライブレコーダーとは、走行中の車の中から進行方向の映像を自動で撮影してくれる小型ビデオカメラの事です。

車のエンジンをかけるとカメラにも自動的に電源が入り、撮影が始まります。記録は、種類にもよりますが一般的にはマイクロSDカードなどが使われており、一度設定すれば後は特に触る必要がなく、難しい操作の必要はありません。少し前までは前方のみのビデオカメラが主流でしたが、最近は後方も撮影してくれるカメラがセットで販売されるようになりました。

ドライブレコーダーは、事故に遭った時にその威力を発揮してくれるものですが、事故は前方のみで起きるわけで社ありません。後方からの追突などもありますので、これから新たに車に付けることをお考えの場合は、前方カメラと後方カメラがセットになった物や、車内をも撮影できるタイプの物をお選びになることをお勧めします。またドライブレコーダーは、事故だけではなく近頃問題になっている「あおり運転」の抑制や、被害にあった場合の証拠としても大変役立っています。

実際に映像が証拠となり「あおり運転」をしたドライバーが逮捕された事例がいくつもあります。「あおり運転」の被害者が車内で暴行を受けるという事件がありましたが、その際車内の様子もしっかりと撮影されていたので、犯行の証拠になりました。新しくつける場合は配線などが気になるところですが、カーショップなどに設置を依頼すると、配線が見えないように綺麗に付けてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *