高機能な機種が登場しているドライブレコーダー

近年注目度がアップしているドライブレコーダーですが、様々な機能が搭載されている機種が増加しています。

まず機能面でハイスペックな物では、WDR対応機種というのが登場しています。このWDR機能というのは明るさを自動で調整する事ができる物で、いわゆる白飛びなどが少なくなるという便利な機能です。これによって明暗差があるような場面でも鮮明で分かりやすい画像となり、夜間などの撮影でも見やすい映像が撮影できます。またドライブレコーダーはカメラによってはLED信号機の色を識別できないタイプが存在しています。

この理屈はLEDの灯火は高速で点滅を繰り返しているために起こる物で、カメラ上で撮影した時に真っ黒に映ってしまう場合があるのが特徴です。信号機の色が撮影できていないと事故の際の証拠として使用できない事もありますので、購入する前にLED対応機種である事を確認する事が求められます。

そしてドライブレコーダーにはデュアルカメラが搭載されているタイプも存在しており、車内の映像も同時に記録できるという事で人気が高まっています。車内の映像や音声も記録できる事は事故などの証拠としてはもちろんですが、家族などの旅行時の記録映像としても活用できるのが特徴です。また無線LANなどのWIFI対応機種であればスマートフォンと繋いで映像の再生ができる他、遠隔でドライブレコーダーを操作する事も可能ですので活用の幅が広がるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *