万が一に備えて用意したいドライブレコーダー

最近ではあおり運転などの問題で、運転中のトラブルに関するニュースが急増してきました。

そして罰則も強化されつつあります。しかし、あおり運転などの証拠などを残しておかなくては相手を訴えることすらできません。運転中にスマートフォンで撮影することは勿論できませんから、やはり頼りになるのはドライブレコーダーです。ドライブレコーダーは、前後2カメラタイプとフロントカメラタイプ、360度カメラタイプがあります。フロントだけとなると後ろからのあおり運転はカバーできないので、できれば前後2カメラか360度は導入しておきたいものです。360度カメラは全方位の記録が可能になるため、撮影に対する死角をなくすことができます。また、最大のメリットと言えるのが駐車監視機能です。

360度カメラを導入されるなら駐車監視機能を備えたものを購入されるのがお勧めです。駐車監視機能は、ドアパンチや当て逃げや車上荒らしなどといったトラブルについても全方位から撮影できるため、証拠をしっかりと残す事ができ、検挙できる可能性も高くになります。ただ、前後2カメラに対して画質は粗くなってしまいますので、あおり運転などにより相手の車のナンバーなどをはっきりと記録させたいという方は前後2カメラタイプが良いでしょう。また、ドライブレコーダーは、できるだけ画質の良いものを選びましょう。それは画質が悪いと夜間の撮影が不利になる可能性があるからです。フルHD以上のものを選ぶと画質も安定して記録することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *