ドライブレコーダーって?

ドライブレコーダーとはフロントガラスに取り付け運転中に車の内部、前方などの映像や音声などを記録し交通事故やトラブルが起きた際に正確な状況把握のために使用される車載装置(カメラ)の事です。

そのドライブレコーダーには、カメラ部分と本体を一つにまとめた一体型やそれらが離れた分離型、カメラをルームミラーに取り付けられカメラがルームミラーの裏側にあるルームミラー一体型などがあります。ドライブレコーダーを使用する理由の例としては、事故などを起こしてしまったときに「証拠映像を撮影しておきたい」「車上荒らしに対する抑止力としてつけておきたい」「自分の運転を客観視したい」などや、「最近話題となっている”煽り運転”に対する防御策として持っておきたい」などがあげられます。

普通、事故やトラブルが起きた際には、当事者の証言やブレーキ痕のような限られた物証などを頼りに状況を推測せざるを得ないのですが、当事者の証言が互いに食い違うなど、正確な状況把握が可能ではないときにドライブレコーダーの映像があれば正確な状況把握において役立つことがあります。この便利なドライブレコーダー、安いものだと1500円程度、高いものだと80000円以上となっており物によって撮影画角(撮影できる角度)の大きさや画質の良しあし、駐車中の録画機能があるかないかやバッテリーのタイプ(内臓バッテリー、外部バッテリー)など、またGPS機能などがあるかないかなどいろいろなものが存在しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *