デジタコは人材育成でもプラスになる

バス会社がドライバーに対して教育を施す場合、デジタコを活用できます。

理由は、デジタコを使えば車両の状態を記録できるので運転手への指導を行う際に役立てるからです。デジタコによって、運転手の運転捌きが記録されるので企業側にはプラスとなります。記録によってそれぞれのドライバーの状態を把握できるので、適切な指導が行えるようになります。例えば、乗務員による急発進並びに急ブレーキを掛けたかどうかがわかるようになるのです。特に、旅客輸送となると安全運転が求められるので指導をする際に改善点も伝達できるのです。要は、指導対象となるドライバーを見つけ出す選別装置として機能します。他にも、デジタコを利用すればバス会社は金銭面でも利益を獲得できます。

車両を動かすとなれば、燃料が必要になる上にそれに対してコストを支払わなければなりません。とりわけ、一日の走行距離が長く、車両台数が多ければなおさらです。そこで、燃料の浪費を回避できればそれだけ費用も掛けずに済むのでメリットになります。実は、記録によって運転状況を把握できるので適切なハンドル捌きを教えられるようになります。ハンドル操作が適切になれば、燃料の浪費を抑えられて結果的に企業は利益を獲得できるのです。ゆえに、バス会社はデジタコを使えば人材育成ひいては経営上の利点といった恩恵を受けられるようになります。記録は客観的な材料になるので、実際に活用して運転手のレベルを上げていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *