デジタコとはどのようなものなのかその基本について

タコグラフという走行記録を取るトラックの設備製品は、現在はデジタルタイプのものが大変人気になってきています。

国土交通省などによる義務化なども進み、その設置に関わる助成金なども出るようになってきているため、是非ともデジタルタイプのデジタコにするのがおすすめです。運行管理機能として、どれくらいの速度で走っていたかどれくらいの時間を走っていたか、またどの程度の距離を走ったかと言ったことが遠隔地からすぐに把握することができ、どのようにドライバーが働いているかといったことがデータとして把握することができます。そのため急な仕事があったような時であっても、その距離などをチェックすることで、すぐに指示を出すことができ、効率的なドライバー管理が行えるという点でも大きなメリットです。ただし一口にデジタコといっても主に単機能型や多機能型に分かれています。

とりあえず1日の管理をしたいというような場合であれは、単機能が良いですがしっかりと経費削減などをチェックしたいと考えている人は様々な記録を取ってもらえる多機能型が良いでしょう。また長期的にみると様々なデータや情報というものが大変役に立つ可能性もありますので、できれば機能が多くて品質の高い商品を選んで設置することがお勧めです。そのようなことをすることで一件導入のコストがかかるようにも見えますが、多機能のデジタコはエンジンの回転などから無駄な走りをしているドライバーなどに適切な運転指導などが覚えられるようになり、燃費の向上やエコドライブというものが実現されるため、結果的にコストがかからなくなるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *