デジタコは個人でもつけられる?

デジタコは車両に搭載する機器で、時間や速度を記録する装置のことを指します。

従来のものは円盤状のシートにインクで記録するもので、その車両の運行状況を正確にするためには解析を行う必要がありましたが、デジタコはそれらの情報がデジタルで記録されているのですぐに運行状況を確認することができます。ドライブレコーダーの記録データもある意味ではデジタコと同じような機能を持っているものですが、正確性という点においては劣るものです。正確な運行状況を記録する場合には専用の装置を取り付けることが重要となってきます。デジタコの取り付けは、ドライブレコーダーと異なってやや難易度の高いものです。理由としてはドライブレコーダーは電源さえ確保できれば取り付けすることができるのに対して、デジタコの場合には車両から送られてくる信号を取り出す必要があります。このため、配線に割り込ませる加工を行わなければなりません。

取り付けそのものはそれほど難しいものではなく、車の電装関係を触ったことがある人であれば個人でも取り付けることが可能です。ただ信号を取り出すための配線の加工をしなければなりませんから、その点で時間が掛かります。またより高度な機器であれば、様々な信号を必要とするためその加工する配線の割合も増えてくるため難易度は上がってしまいます。特に取り付けに対応していない車両の場合には、取り付け説明にも載っていない場合があるため専門的な知識が必要になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *