デジタコを装着する際の選び方とは

デジタコとは、トラックに設置してドライバがどのような走行をしていたかといったことをきちんと記録する機能です。

現在ではその設置が国土交通省によって義務付けられ、企業側がきちんとその走行管理を行っておかなければいけないとされています。また装着することによって事故を減らすことができるということのみばかりか、デジタルタイプでデータとして、その走行記録がパソコンに記録されるためアナログタイプであった旧式のタコメーターに比べると、デジタコはだいぶ業務効率が上がるという点でもメリットがあります。そのような機器を利用して労務管理の徹底を行うと、走行距離が短いトラックに急な仕事が入った時などに配分することなどもできるなどといったメリットもあるということを押さえておきましょう。

また燃費の向上やエコドライブというものを実現することによって、結果的にコストなどを全体的に下げることもできるということがいえます。しかしながらそのようなデジタコに関しては、各種メーカーが様々な商品を販売していますので、きちんとその選び方を把握しておく必要があるのです。例えば昨日が少なめの単機能型のタイプであれば確かに日常の走行を把握するだけであれば事足りますが、急ハンドルをしていないかとか急アクセルを踏んでいないかなどといったことをチェックするようにすれば、より細かな運転指導ができるようになってきます。したがって極力多機能タイプを選ぶようにするというのがとても大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *