デジタコは様々なニーズに対応可能な運行記録計

タコメーターは運行情報を記録することができる装置ですが、どのような情報を記録することができるのかは装備したタコメーターに依存されます。

ちなみに、タコメーターはエンジンの回転数を表示するための計器の一つですが、大きく分けるとアナログ式のアナタコとデジタル記録が可能なデジタコの2つにわけることができます。アナタコは、デジタコが登場したことで使い勝手の良し悪し、取得したデータの再利用性などからもデジタル式のデジタコが主流になっています。特に、新車で導入したときには利便性が高いデジタコを導入する会社が多くあります。エンジンの回転数を表示するタコメーターだけでは記録することができませんが、デジタルタコメーターを使えば1日の運行記録、速度や時間などの情報を保存することができるので、ドライバーがどのような運転をしていたのか、それが安全性において問題がないのか否かを判断するときの材料にすることもできます。

運送会社などの場合は、道路状況に応じて1日の労働時間そのものが長くなることもあれば短くなることもあるわけです。渋滞により定時までに帰社できないときには残業などの取り扱いになるわけですが、正当な残業であるのか否かはデジタコで記録したデータを見ることでわかるため、ドライバーの勤怠管理の中での活用は効果を期待できます。さらに、このような装置が装着してある車両を運転するドライバーは常に安全運転を心がけるなどの意識を高める効果への期待も可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *