デジタコでドライバーの勤務管理が確実に出来る

デジタコと言うとトラックドライバーの方以外にはあまり馴染みのない物ですが、実は昔からタコグラフと言って大型トラックには装着義務があり、最近では中型のトラックにも装着が義務付けられている運行管理のシステムです。

このタコグラフとは運転記録計の事で、ドライバーの運行内容が速度を始めエンジンの回転数や、走行距離などが分かる様になっています。一昔前までは記録紙を運行前にセットし、運行終了時に外して必要事項を記入して運行日報と一緒に提出する事で、管理者が速度違反や休憩時間の把握などが可能です。しかしデジタル技術の発展により、記録紙をセットする代わりにSDカードなどをセットするデジタコが主流になっています。デジタコも日々進化しており価格によって管理や記録する内容も様々あるのですが、エントリーモデルの比較的安い物は走行距離や立ち寄り場所に速度やエンジン回転数の記録が可能です。

記録紙と同じ様に運行前にカードを挿入して、終了時にカードを取り出し、事務所などにある読み取り機に挿入する事で、運行内容が把握出来る様になっています。また高性能モデルの場合はカードを挿入する事も無く、免許証をかざしたり登録してある社員番号を打ち込む事で、自動的に会社のサーバーと繋がりますし、GPSを活用しているのでリアルタイムで現在地や運行状況が確認出来るのなど大変便利です。例えば不意の渋滞や通行止めになってしまった場合も、会社が現在地や道路状況を把握しているので的確な指示を出せますし、法令で決められている休憩時間の取得も忘れる事無く指示を出せます。デジタコは殆どのトラックには装着されており、交通事故の防止や働き方改革にも役立つ重要なアイテムです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *