保育士になれる専門学校は

保育士になることのできる専門学校は、指定保育士養成施設として指定されているところと、指定されていないけれど指定を受けている短大の通信課程を利用して学ぶ併修校です。前者は、そこを卒業することで資格を取ることができる専門学校ですが、後者はそこを卒業しただけではだめで、併せて短大の通信課程も卒業しなくてはなりません。当然、後者の方が負担が大きくなる傾向にありますが、短大卒の資格が手に入るメリットはあります。また、同じ法人が運営する短大の通信課程を利用する場合ならば、カリキュラムの連携やうまくいっているため、負担はそこまでではありません。

保育士の専門学校選びで重視したいポイントは、カリキュラムです。短大や大学に比べると実践的なスキルが身につく点が特徴ではありますが、具体的なカリキュラムはそれぞれの専門学校で特色が異なります。したがって、比較をして、自分にとって魅力がある所を選べば、モチベーションも高まりますし、自分のなりたい保育士増に近づくことができます。カリキュラムは、各学校のホームページで紹介されていますし、資料請求をすれば、詳細なパンフレットを入手することができるので、活用すると良いでしょう。

専門学校の場合、学費は大学や短大に比べると安いですし、2年間という短い期間で資格が取れます。安く、早く保育士として活躍したい、また、実技能力を高めて即戦力になりたい、という方に適している選択だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です