専門学校で保育士資格を取得することのメリット

専門学校で保育士資格を取得することの大きなメリットは、学費が節約できるということです。2年制のコースなら200万円前後、3年生のコースなら300万円前後が目安となります。短期大学と比べると学費はそれほど変わりませんが、4年制の大学と比べるとかなり差があります。4年制の大学でも国公立と私立ではかなり学費に差がありますが、どちらにしても専門学校の保育科のほうがコストが節約できます。

年間あたりの学費は国公立の大学と同じか、それ以下です。しかし、独学で保育士の試験を受ける場合に比べるとコストは割高になります。社会人の人は通信制の大学で学ぶことも多いですが、通信制の大学のほうが学費は安いでしょう。現実問題として独学で試験を受けて合格することや、社会人をやりながら通信制の大学で勉強をして試験に合格をすることはかなりハードルが高いので、専門学校の保育科のほうが確実に保育士になれると言えます。

4年制の大学と比べると、最短で2年で保育士になれるということもメリットです。短期大学も2年であり、学費などもそれほど差がないので、短期大学と2年制の専門学校はメリット・デメリットがよく似ています。保育士になるのなら学歴はそれほど関係ありません。民間企業への就職ではやはり4年制大学を卒業している人のほうが有利になる傾向ですが、保育園で経験を積んだ人はデパートの子供コーナー、子供服販売・企画などの職種への転職で有利になることもあります。

大阪の美容学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です