保育士の資格を専門学校で取得し、仕事にするメリット

国家資格である保育士は、専門学校に通い卒業することで取得できます。ただ、保育の学校ならどれでもよいというわけではありません。保育士になれる専門学校には2通りあり、そのうちの、厚生労働大臣指定の養成施設である場合に限ります。指定を受けた学校で、2年もしくは3年の期間をかけて学び、卒業すれば資格をとることができます。

資格を持っていると、国の基準値をクリアした認定保育所だけでなく、民間業者によって運営されている認可外保育所や、児童福祉施設でも勤務することができるようになります。現代では、さまざまな子どもの保育に関わる仕事があり、子どもを産んでも働きたい女性が増えているため、多くのニーズがあります。子どもが好きだというだけでなく、資格を取り、安定した仕事に就きたいという人の場合も、保育士の専門学校に通い就職を目指すのは良い選択でしょう。4年制の大学に比べると、かかる費用は少なくてすみます。

また、早く社会に出たいという人にとっても、求人が多く専門的な仕事である保育士は専門学校で資格を取れば、大学に通うより早く取得でき、仕事をすることができます。子どもの成長を間近で見られ、感動することができるばかりでなく、子どもの親にも感謝される保育の仕事、大変な仕事でありますが、社会に貢献している実感を得られ、やりがいを感じることができるでしょう。すばらしい職業である保育士。専門学校で学んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です