保育士になるには専門学校や他の方法は

待機児童問題で保育士不足がニュースでも度々取り上げられて、大変貴重な職種となっています。全国各地には保育科の養成校があり、四年制、短大、専門学校、通信課程があります。どこに通ったとしても保育士の資格は変わりないので、自分に合った学校を選択する事になります。この中でも、専門学校では保育に焦点を合わせているので現場での即戦力として、集中して内容を学ぶ事が出来るメリットがあります。

大学や短大と違い入校しやすいのも大きな点です。現場に出れば、名門大学出身とか偏差値が高いとかは一切関係なく、新人として同じ扱いを受けるのでいかに早く仕事を覚えられるかが勝負です。保育士は、子供達の事を第一に考えて接する人間性や器用に制作物を仕上げ、楽しく遊びや紙芝居ができるかが大切です。専門学校に入るには、強い意志で向かうのが重要で他の職種も考えている方は、短大などに進む方が良いかもしれません。

現在は保育園と幼稚園の両方の機能を持つ施設が増えています。保育士の資格以外でも幼稚園教諭の資格を取れる学校もあるので、両方を取得できる方が仕事の幅も広がるのは確かです。専門学校は2年制がほとんどで3年制の学校もありますが、短期間で様々な事を詰め込むので大変です。昼の部や夜間部もあり、働きながら資格取得を目指す事も可能です。

資格取得には年に一回だけ行われる試験に合格する必要があります。毎年8月上旬に筆記試験、10月には実地試験が実施されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です