保育士の専門学校について考える

将来の職業は保育士を希望しているという人も多いでしょう。保育士になる為には資格を取得しなければなりません。資格を取得する為には、保育科のある大学に行くか、保育の専門学校に行く事が必要になります。大学では4年制の大学だけでなく、短期大学でも良いです。

専門学校は2年制と3年制がありますが、2年制の方が一般的になっています。保育の専門学校では誰でも入れるという訳ではなく、入学試験が行われます。入学後は、保育にかかわる様々な勉強をします。体育の授業やピアノの授業などもあります。

体育は週に数回ある為、体育の苦手な人は大変かもしれません。体育ではダンスやリトミックなどを教えてもらいます。ピアノの授業では初心者の人は1から教えて貰えますが、やはり習った事のある人はかなり楽になります。教育実習も行われます。

保育園と幼稚園に数週間実習に行きます。この際は自宅の近くの園に行く事が出来ます。クラスに入って子供達と触れ合いながら担任の先生から指導をして貰います。この様に大変な2年間を過ごす事になりますが、きちんと卒業出来れば国家試験を受ける事なく保育士の資格を取得する事が出来ます。

卒業式の日に卒業証書と一緒に保育士と幼稚園教諭の資格証を貰えます。また、就職もきちんとサポートして貰えるので安心です。なので卒業するまでには殆どの人が就職が決まっています。専門学校では、保育園か幼稚園に就職する人が圧倒的に多くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です