保育士になるには専門学校がお勧め

保育士になるには、主に3つのパターンがあります。1つめは専門学校で指定科目を履修して卒業するルートです。指定科目を履修して卒業すれば資格を取得することができます。また、保育についての専門的知識を体系的に習得できることと、就職活動に学校の支援を得られる点で有利となっています。

2つめは、一般の大学などで単位取得のある方が、国家試験を受験するルートです。社会人などで既に受験資格を満たす学歴がある場合はこのルートが一般的です。独学で筆記試験と実技試験をパスする必要があります。専門学校に行くことに比べて費用が安く済むメリットがあります。

3つめは、実務経験によって受験するルートです。あまり一般的ではありませんが、既に該当実務経験がある方は、実務経験証明書を取り揃えたうえで国家試験に向けた準備をすることになります。無認可保育園は実務経験としてカウントされないなど、一定の条件がありますので実務ルートで受験する際は確認が必要です。上記のうち、最も専門的で確実に保育士になれるルートが専門学校の卒業です。

保育の仕事は単に資格があればよいというものではなく、社会の変化に対応した専門的知識が欠かせないので、専門的教育を受けられる点は即戦力の保育士となる最大の近道といえるでしょう。ちなみに独学で受験する場合は、特に実技対策が難しいので、実績のある通信教育のスクールなどを活用して勉強するのが専門学校に準ずるという意味でお勧めです。保育士は、単に保育園に就職するためだけの資格ではありません。児童養護施設や障害者支援施設、子供発達支援センターといった、児童に関わる社会福祉施設においても必要とされる専門職ですので、体系的な知識が得られる専門学校がお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です