保育士養成の専門学校

保育士になるには、厚生労働大臣の指定する養成施設である4年制大学、短大、あるいは専門学を卒業する方法と、国家試験を受験する2つの方法があります。しかし、ほとんどの場合、養成施設を卒業して保育士になります。昨今は社会人から保育士へ転身する人も多く、同時に専門学校の需要も増えつつあります。専門学校は基本的に2年制であり、大学に比べると安価な点が最大のメリットと言えます。

学校によっては夜間コースも設立されており、働きながら学ぶことも可能です。また、幼稚園教諭免許状を同時取得できる学校もあります。反対に2年という短い期間でさまざまなことを学ばなければならないため、非常に多忙になることが想像されます。また、保育分野に特化した知識のみを学習することになるので、こどもに関する幅広い知識を身に付けたいと考えている方には合っていないと言えます。

実習期間も長く、ある程度、日中にも時間を取れるようにしておかないとなりません。また、専門学校には2種類あります。1つは厚生労働大臣の指定保育士養成施設である指定校、もう1つは指定を受けた短期大学のカリキュラムを行う併修校です。後者の場合、厚生労働大臣の指定がないため、指定を受けた短大の通信課程に入学することになります。

その通信課程を終えて卒業することで資格を得ることができます。短大のスクーリングも受講する必要があり、指定校よりも気を配って計画的にスケジュール等を組み、卒業まで学習を進めていく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です