保育士資格を早く取りたいなら専門学校へ

保育士の資格を取得する方法としては、4年制大学で取得するやり方もありますが、専門学校ですと2年間で取得することができます。専門学校で保育士の資格を取得する場合、大学に比べて期間が短いので、幅広い科目を学ぶ余裕はなくなる可能性がありますが、大卒生よりも早く現場での経験ができるため、実践向きとも言えます。さらに、授業として実施訓練を必須としている学校もあります。また、2年制がメインのコースが主ですが、3年制のコースもあり、この場合は幼稚園教諭の資格も並行してとることができます。

また、社会人や主婦でも通えるものとして、夜間コースを準備している学校もあり、この場合も2年制と3年制に分かれます。専門学校には厚生労働大臣の指定保育士養成施設である指定校と、指定されていない学校に分かれます。指定されていない学校の場合、正式な資格は取れないため、短大などの通信課程を並行して学習することによって、資格がとれるようになっています。これは、短大の通信課程も、同時に卒業しなくてはいけないということです。

専門学校で保育士の資格を取得する場合、学費は1年あたり100万円前後を想定しておきましょう。100万円よりも高いところも安いところも当然ありますが、大学と比較して、特別安いわけではありません。安価に資格を取得したいなら、通信講座の方がお勧めできます。専門学校で保育士資格を取得するのは、大学と比べて簡単というわけではありません。

しかし、短期間で資格を取りたいという方にはお勧めの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です