保育士になるためには専門学校や短大、4年制大学

保育士として働くためには国家資格が必要です。資格がなければ保育士として働くことができません。資格の取得方法は大学や専門学校などの養成機関で所定の課程を修了するか試験に合格するかの2通りです。養成課程は2年制の短大または4年制の大学などで資格を取得しますが、どちらでも資格の取得はできますが、大学を卒業する方が給料が高く設定されている傾向があります。

試験では養成所を卒業しなくても受験することができます。社会人として働きながら受験も可能です。試験の難易度が高いため完全独学ではなく通信教育などを利用して勉強している人も多いです。現在高校生の場合には、養成学校に入学してから資格取得を目指すことがおすすめです。

保育士と幼稚園の教諭の両方の免許を取得することが可能です。短大や専門学校で学ぶことが最短ですが、4年制大学でも両方の免許を取得することができます。大学は短大や専門学校よりも2年間多く勉強することになるため、いち早く保育士や幼稚園教諭として働きたいときには4年制よりも2年制の学校で学ぶことがおすすめです。専門学校や短大は4年制の大学よりも勉強がハードにこなすことになります。

4年間の勉強を2年間で終わらせることになり毎日講義や実習を行う必要があります。保育士と幼稚園教諭を所定している教科と教職課程の一定の単位を取得して養成学校を卒業すると同時に両方の免許を取得することができます。専門学校や短大は病気で休んでしまうと単位が厳しくなるため体調管理は十分必要になります。大阪の美容専門学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です