保育士になれる大学・短大・専門学校の特徴

厚生労働省や文部科学省が指定する養成機関を卒業する事で、保育士の資格を取得する事ができます。養成機関には4年制の大学・短大・専門学校の3つがあり、それぞれ特徴が異なります。目指す場合、それぞれの違いを確認して、自分に合うルートを選択する必要があります。大学の場合は4年間学ぶ必要があります。

大学では保育に関する事以外にも一般教養の単位も取得する必要があります。それにより見識を広げる事もできます保育士以外に幼稚園教諭等の資格を取得する事も目指せ、子供に関するプロフェッショナルを目指せます。技術より知識に比重がある養成学校と言えます。短大は基本2年制であり、大学より学費は少ないです。

学校によって幼稚園教諭2種の資格も目指せます。大学よりより実践的な技術を学びますので、幼稚園教諭も目指す場合は2年間なので勉強量は多くなります。知識も技術もバランスよく学べます。専門学校は保育士になる為に特化した養成機関と言えます。

基本的に2年制であり、大学・短大と比較しても実習も多く、卒業後には即戦力になれる事が特徴です。即戦力は保育現場では求められており、就職率も1番高いです。専門学校卒業後は保育士資格のみですが、併修する事で幼稚園教諭の資格を取得できます。2年制なので学ぶ事は多く、その場合は忙しくなります。

以上の様にそれぞれに特徴があります。住んでいる地域により通学範囲内にあるかどうかにもよりますが、養成学校選びの際は確認しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です